人気ブログランキング |
ブログトップ + No music, No life +
<   2007年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧
「花のとなりで」
「ガラスの牙」で検索をかけていたら、こんなものを見つけました。
◆GyaO 週末号泣のススメ : 坂本サトル 「天使達の歌」

サトルさんの代表曲「天使達の歌」のPVが、GyaOで見られるようになってます。
もちろん無料! PLAYボタンをクリックすると、大画面での視聴ができます。

「ガラスの牙」の主題歌で坂本サトルを初めて知ったという方にも、ぜひ見てもらいたいPVです。

***

主題歌となっていた「花のとなりで」のCDも、繰り返し聴いています。
バージョンが違う3曲+インストが収録されていますが、どのバージョンもそれぞれに良さがあるなぁと思って、気がつけばエンドレス状態(笑)。

「We're the world」形式でたくさんの人がボーカルをとる#1は、元々こんな風に歌うために作られた曲ということもあって、人のエネルギーや温かさが溢れている感じ。
サトルさんが1人でリードボーカルをとる#2(satoru version)は、大勢のコーラス隊を従えてステージに立つサトルさんが見えるようで、これもまた素敵。

そして、アコギとハープとサトルさんの声だけで演奏される#3(acoustic version)は、シンプルな構成であるからこそ、詞に込められた祈りや愛情が染み入るように伝わってきて、せつなくも優しい気持ちになります。

#1と#2には間奏部分にラップが入っていて、それがまた新鮮ですごく良かったです。
サトルさんの楽曲にラップって意外と合うものなんだなー。

2005年の冬に生まれ、2006年に初めてライブで聴き、2007年にようやくCDとなっていつでも聴くことが出来るようになったこと、ほんとに嬉しく思います。
そんな意味でも、ドラマを作ってくださった人達に感謝。
by mistysnow | 2007-10-08 23:58 | 坂本サトル
「旬ばなし」第1週
昨日は「ガラスの牙」の感想で終わってしまいましたが、山寺さんがゲスト出演された「美味しい旬ばなし」もしっかり見ました!

書道家の武田双雲さんがホストを務める番組でのインタビュー(というより対談?)。
声優と書道家の活動は全く違うようでいて、「表現者」として繋がる部分は多いというのが、すごく面白かったです。

「いろんな方面で活躍しているけど、本業は声優」といった紹介のされ方をした時に、「自分では全部が本業だと思ってるんですが」と、さらりと言われていたのが印象的でした。

ものまねはMVPを受賞し、おはスタも今月で丸10周年。10年って、放送開始当初に小学生だった子が、高校生や大学生になっているってことですよ。スゴイですよねー。
社交ダンスも優勝したり・・・そういう、「声優が○○に挑戦しました」というレベルで終わらせないところが、山寺さんの凄さであり、山寺さんらしさなんだと思います。

他にもいろいろ深い話が聞けていたのですが、改めて詳しいレポを書きますので、BSフジをご覧になれない方は少々お待ちを。
(※BSフジでは、10/20(土)23時から再放送があります。)

そして、来週も引き続き山寺さんがゲストで出演されます!!
今度はどんな話が聞けるのか楽しみです。
by mistysnow | 2007-10-07 23:50 | 山寺宏一
「ガラスの牙」
スペシャルドラマ「ガラスの牙」を見ました。
罪を犯した少年少女と、彼らを見守り、支え、更生へと導く手助けをする保護司との物語。
1時間半という時間では足りなかったのかも、という気もしましたが、大切なことを伝えようとする気持ちが溢れたドラマでした。

両親に愛されて育つということが、どれだけ幸せなことなのか。
自分を信じてくれる人、自分が信じられる人の存在が、どれほど支えになるのか。

親に愛されずに育った少年達が、保護司1人を頼りにして、傷つきながら迷いながら少しずつ歩みを進めている姿は、今にも切れそうな細い線の上を歩くような危なっかしさがあって、ドラマを見ながら「どうすれば幸せになれるんだろう?」と何度も考えていました。

子供を想って本気で怒り、心配して、一緒に泣いて、考える。
ドラマの中で保護司のやっていたことは、本当は親がやるべきことで。

そうでなければ子供は本当の意味で救われないし、保護司の負担も重くなりすぎてしまう。
子供に「安心して帰れる場所」を作ってあげられるのは、家族だけなんですよね。
親が子供を愛することを当たり前だと思っていた自分が、どれだけ幸せなのかということも改めて感じました。

主題歌の「花のとなりで」も、まるでこのドラマのために書き下ろしたかのように余韻の残るエンディングを演出していて。
「ずっと待ってる」と言ってくれる人が、今1人でもがいている少年達のそばに現われてくれることを願わずにいられません。

***

予約していた「花のとなりで」のシングルが、ようやく届いたとCDショップから連絡があったので、明日取りに行こうと思ってます。
大切に聴かなくちゃ。
by mistysnow | 2007-10-06 22:53 | 映画・TV・舞台
「ガラスの牙」明日放送。
"坂本サトル&Rosyと気のいい100人の仲間たち"による「花のとなりで」が主題歌になっているスペシャルドラマ「ガラスの牙」が、いよいよ明日放送です。
10/6(土)14:00~15:24、TBS系全国28局で放送。

番組サイトもすっかり出来上がっていて、制作発表の様子も動画で見ることが出来るようになっていました。
主演の高畑淳子さんの、試写を見終えた後の胸がいっぱいになる感覚が伝わってくるようで、ドラマに対する期待も高まります。

主題歌についても、しっかり紹介ページができていました。
ドラマを制作したCBCの携帯サイトで、「花のとなりで」の着うたが配信されているそうです!
私のケータイには対応してないので、残念ながらダウンロードできなかったのですが・・・3G携帯でなら105円でダウンロード可能とのこと。

◆CBC携帯サイト : http://m.hicbc.com/
 (※アクセス方法は、こちらのページでも確認できます。)

いいドラマになっていますように。
by mistysnow | 2007-10-05 23:54 | 坂本サトル
ラジオドラマ出演!
ゲストブックに、山寺さんのラジオドラマ出演の情報をいただきました。(ありがとうございます!)

TBSラジオで放送される、「象の背中」という番組。
山寺さんは、主演の幸弘という役で出演されるそうです。詳細はTBSラジオのサイトでどうぞ。

そちらのサイトでも触れられていますが、この「象の背中」は秋元康さんの原作。映画ももうすぐ公開され、TVドラマやコミック、絵本など、様々な形でメディアミックスされている作品で、その中の1つが、このラジオドラマということになるみたいです。

ちなみに映画版のキャストは、役所広司さんと今井美樹さん。
・・・なんだか役所さんとは不思議な縁があるみたいですね~。
(山寺さんの連ドラ初出演「合い言葉は勇気」で親友役、役所さんの吹き替え初参加「バンド・オブ・ブラザーズ」でも親友役。そして今回は、別メディアで同じ人物の役。)

ラジオドラマって、他のメディアに比べて演技の自由度が高いので、役者の演技力が試されるというようなことを、山寺さんがどこかで話されていた気がします。
どんなふうに演じられるのか、すごく興味があるところなのですが・・・うちではTBSラジオが聞けないのが残念!

聞ける地域にお住まいの方は、日曜17:25~をお聞き逃しなく。
by mistysnow | 2007-10-04 00:41 | 山寺宏一
3度目のMVP!
「ものまねバトル45」、途中で席を外していたりもしたのですが、トリだけはばっちり見ました。
なんと!山寺さん3度目のMVP獲得~!!

今回モノマネしたのはスティーヴィー・ワンダーの「Superstition」。
首の振り方とか雰囲気はそっくり!だったのですが、メインは歌よりも楽器の声帯模写でした。
めちゃめちゃ格好良かったです。

ドラム、ベース、ギター、クラビネット、サックス、トロンボーン、トランペットと、7種類の楽器を山寺さんの声音を使って演奏(?)して、7つのモニターを使って音を重ねて、スティーヴィーのモノマネをした山寺さんが歌うという、とんでもなく手間のかかった1曲。
listen Japanで原曲の試聴ができます。)

「オン・ドラムス!コウイチ・ヤマデラ!」「オン・ベース!コウイチ・ヤマデラ!」ってメンバー紹介してるのは、押尾コータローさんみたいで面白かったです(笑)。
そして、すべての楽器(の声帯模写)が一緒になってグルーヴが生まれた時には、ものすごく興奮してしまいました。

今回はトリで登場してコロッケさんと対決ということで、きっとプレッシャーも大きかったと思いますが、結果はMVP。
本当に、素晴らしいものを見せていただきました。

おめでとうっ!!
by mistysnow | 2007-10-02 00:40 | 山寺宏一