人気ブログランキング |
ブログトップ + No music, No life +
2009年 04月 14日 ( 1 )
陰と陽
テレビで放送された「レッドクリフ Part1」と、GyaOで配信中の「鋼の錬金術師FA」第1話を見ました。

どちらも山寺さんが吹き替えをされていますが、「レッドクリフ」の周瑜(トニー・レオン)は、知性と情熱を併せ持つ若く誠実な青年。そして「ハガレン」のアイザックは、狂気をはらんだ暗い野望の持ち主という感じで、対照的な演技を同じ時期に観ることができました。

アイザックみたいな役を山寺さんが演じるのってなかなか無いですが・・・1話で明らかになることはなかった過去に、戦場で見た地獄がどれほどのものだったのか。想像を巡らさずにいられないほど、アイザックの纏う空気は絶望と憎しみに満ちていて。

また改めて声優・山寺宏一に惚れ直しました。
キャラクターに命を吹き込むって、本当に凄い仕事だ。

「レッドクリフ」もPart2の公開が始まったので、ぜひ劇場で観てみたいです。
それにしても、テレビ朝日さんはサービスしすぎー。Part2の情報をくれるのはありがたいけれど、あそこまで放送してしまうと、まるでもう観たような気分になってしまいます(笑)。

でも、この作品はやっぱり大きなスクリーンで観た方が面白そう。
Part1は字幕しか上映してくれなかった近所の映画館も、今回は吹き替え版を上映してくれるようなので、見逃さないようにしなくては。
by mistysnow | 2009-04-14 01:20 | 山寺宏一