人気ブログランキング |
ブログトップ + No music, No life +
2005年 06月 01日 ( 2 )
坂本サトル、NEWアルバムについて語る。
5/23のFM山口の番組に、サトルさんがゲスト出演された時の模様を、レポート集にUPしました。
ローカルの番組と言うことで地元ネタも多いですが、楽しんでもらえると嬉しいです。

ただ、ライブで演奏された曲について、2曲ほど「歌った」と言明されている箇所があります。
ネタバレとしては最小レベルだと思いますが、できるだけ情報を入れたくないという方は、ライブ後に読まれることをお勧めします。

ちなみに、今回何度も話題に上がっているブギハウスのHPはこちら
お店もマスターも、雰囲気があって素敵です。(山崎まさよしさんゆかりのライブハウスとしても有名だったりします。)
TOPページをスクロールしていくとマスターの写真あり。
--------------------------------------------------------------------
トークの時間自体は20分ほどだったのですが、文字にするとかなりの量になったため、通りすがりの方にも読んでもらえるように(笑)、BLOGからだけ飛べるインデックスを付けてみました。

■レポを最初から読まれる方は、こちらからどうぞ。

1. 二日酔いで登場。楽天、FM山口、前日のライブの話。
  → 「ブギハウスの魅力は、マスターの森永さん」

2. NEWアルバム「蒼い岸に立つ」について。タイトルの由来、ジャケットの話。
  → 「CCCDよりも、所有欲を刺激するジャケットを」

3. 地元ネタ。港で満月を見ながらビールを飲み、FM山口には曲がり損なう(笑)。
  → 「たぶん一生忘れない風景だね、ああいうのって」

4. 再びNEWアルバムの話。制作的なテーマ、歌詞について。
  → 「心の井戸の深い場所へ手を伸ばして、ずぶ濡れになって持ってきた言葉は、きっと聴く相手もずぶ濡れにする」

5. 最後に。ライブについて、そしてリスナーへメッセージ。
  → 「1曲1曲、ちゃんと歌って届けたい」
by mistysnow | 2005-06-01 20:55 | 坂本サトル
「東京ゴッドファーザーズ」
ビデオに録画していた「東京ゴッドファーザーズ」を見ました。
「ゴッドファーザー」というのは、別にマフィアではなく(笑)「名付け親」という意味だそうです。

クリスマスの夜、ホームレスの3人組が捨て子を拾い、その子の親を探す物語。
今敏監督は、一見実写でも出来そうな設定を、アニメの利点をフルに生かして描き出す、すごくバランスの取れた監督のように感じます。
例えば、予算のない日本映画では撮れないようなシーンが、アニメなら実現できるんですよね。(アクションシーンとか、建物の壊れっぷりとか、すごかったです。)
それに多少現実離れしていても、「アニメだから」と納得できるし。
現実に即したファンタジーは、実写よりもアニメの方がウソ臭さが少ない気がします。
無駄にリアリティを追求しなくてもいい、というか。

オヤジ、オカマ、少女という、それぞれに過去を抱えてホームレスとなった3人組。
捨て子を連れて帰った時から、3人の止まっていた時計が動き出す。
子供の親を探す道中で出くわす、さまざまな事件と奇跡。そして再会。

「そんなバカな」的な展開を楽しみつつ、3人の心の動きにせつなくなったりもして。
季節はずれではありますが(笑)、良い作品でした。
3人組の声を担当した、江守徹さん、 梅垣義明さん、 岡本綾さんも、いい仕事されてましたよ。
(タクシー運転手役の山寺さんは、出番は少ないけどおいしい役でした。笑)

今月WOWOWでも放送されるようですので、興味のある方は是非どうぞ♪
by mistysnow | 2005-06-01 01:04 | 映画・TV・舞台