ブログトップ + No music, No life +
「旬ばなし」第2週 (#3)
BSフジで放送された「美味しい旬ばなし」第2週のレポ、#3です。まずは#1#2をどうぞ。
これで「旬ばなし」のレポは最後になります。
最後まで濃い話が詰まってますので、ごゆっくりお楽しみくださいませ。

●が武田双雲さん、◆が山寺宏一さんです。

***

趣味の話の後は、CMをはさんでQ&Aコーナーへ。
番組収録前に山寺さんがアンケートに答えた内容を元に、トークが進んでいきました。
Q : 自分を客観的に見たらどんな人?
A : 小心者、小器用

◆「他にもとにかく頭に「小」って字がつくのが俺にはピッタリだと思って。
小心者、小器用、小なまけ者、小ずるい。そういうね、全部ちっちゃいんです。スケールが」

●「おっきいのは声だけなんですね?」

◆「(笑)あのー、謙遜してるんでね。「そんなことないよ」って言って欲しくて」

●「すみません(笑)」

◆「でも小心者なのは本当ですね。ものすごいビビりなんで。モノマネの番組に出る時なんて、こないだ吐きそうになりましたからね。
「器用貧乏」って言いますよね。僕は器用金持ち、少なくとも器用小金持ちくらいにはなりたいっていうのが、僕の目標でございます」



Q : 人から指摘されて初めて気付いた「癖」は?
A : 試着時、鏡の前でウデを組む

試着をする時、無意識で腕を組むか、腰に手を当ててポーズを取ってしまうそうです。
武田さんも「僕もやるかも!」とのこと(笑)。
Q : 俺ってドジだな~と思う瞬間は?
A : 必ずといっていいほど出がけに忘れ物で戻る

◆「多い時だと3回くらい戻りますからね」

●「それは病気ですよ。ちょっとまずいですよ、それは(笑)」

タクシーを降りる時に、運転手さんに「忘れ物の無いようにしてくださいね」と言われて、ケータイを必死で探すけれど見つからず、ふと気がつくと手にしっかり握ってた、なんて話をされてました。

◆「ほんとにしょっちゅうなんですよ。考えてみると、子供の頃から通信表にですね、家庭への連絡事項のところに「忘れ物が多い」って書かれてたんですよね」

***

●「元気をくれる人ですね、山ちゃんっていうのは。本当に」

◆「うわー、嬉しいなぁ」

●「元気よりも、やっぱ勇気かな」

◆「あ、分かった。こんな顔でもブラピをやってるその勇気!」

●「そこです」(あえて真顔で。笑)

◆「いやいや違うでしょ!」

●「なんでしょね。勇気・・・やる気を出させるパワーを持ってるなと、思います。
最後にですね、また小難しい質問をしてしまうんですが。(声優としてではなく)一人間、山寺宏一としての理想像。どんな人間を目指したいですか?」

◆「僕は昨日までですね、そう聞かれたら「1時間ください」っていうくらい悩んで、ああも言いたい、こうも言いたい、でもああは違う、こうも違う・・・でも今は1つです。
人に元気・勇気を与えられる人間になりたい(笑)」

●「(笑)今出来ちゃったんだ」

◆「そうですよ。だって武田双雲にそんなこと言われたら。
そのためには、自分は常に頑張ってなきゃいけないし、努力しなきゃいけないし、全力を尽くしてなきゃいけないし、楽しく人生を送ってなきゃいけないし。ね?無理もしなきゃいけないけど、無理をし過ぎちゃいけないとか」

●「バランスを取りながら。コケちゃおしまいですからね」

◆「そうなんですよ。あの、先輩に言われたんですよ。「頑張らずに頑張りなさい」って。これ、お芝居やる時に言われたんですけど」

●「いい言葉ですね」

◆「そういう、いろんなことに二面性があるんで。あの、「謙遜はいいけど、卑屈になるな」ってことも、同じ方に言われたんですけども、それも常に思ってることなんで。
・・・んー、そうですね。「頑張らずに頑張って、元気・勇気を与えられる人間になりたい」」

●「これだ!」

◆「これですね」

●「素晴らしいお言葉、ありがとうございます」

いえいえ、と照れながら頭を下げる山寺さんの姿で本編終了。
武田さんが最後に書いたのは、小さな円形の紙に、大きく力強い「小」の文字。

●「彼は自分のことを小心者だとか「小」がいっぱい付く人間だと謙遜されているんですが、人間誰しも小心者だと僕は思っていて。でも山寺さんはそれを素直に受け止めて、認めて、かつその認めた上で心地良く自分というものを世に放ってるっていう、その、弱さを認めた格好いい人だなと思って。
僕ももっと自分の弱さを認めようかなと思わせるようなトークになったんで、「小」という字にさせていただきました」

***

これで番組終了。

ラストで武田さんが言われた言葉、本当にその通りだと思います。
山寺さんって、ご自身のことをいつも「小心者」とか言われてますが、聞いてて不快にならないのは、きっとその言葉を言い訳に使っていないから。

「元気・勇気を与えられる人間」という言葉から、たくさんの「○○しなきゃいけない」が出ていましたが、私の目から見た山寺さんは、まさにそんな人です。
常に頑張ってて、努力して、全力を尽くして、楽しく人生を送っている人。
お忙しそうなので、無理のしすぎだけが心配ですが・・・。
本当に、いつも元気をもらっています!

いろんなお話をじっくり聞けて、すごく見応えのある番組でした。

***

サイトの方へは先にUPしていますが、BSフジで10/26(金)22:00~放送の「竹中直人 P.S.45」という番組にも、山寺さんが出演されるそうです。
竹中さんとはアニメの吹き替えで何度も共演されているので、そのあたりの話も楽しみです!
[PR]
by mistysnow | 2007-10-21 01:01 | 山寺宏一
<< SLライブの情報&マナー   「旬ばなし」第2週 (#2) >>