人気ブログランキング |
ブログトップ + No music, No life +
「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」
改めまして、「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」の感想です。

第1部はそれだけで完結するように作られていましたが、第2部は明らかに第3部へと続く終わり方をしていたので、今作の公開を楽しみに待っていたのですが、始まってみると意外と忘れている部分が多くてビックリ(笑)。
せっかくパンフレットを持っているんだから、少しくらい見直して行けば良かったな~と、ちょっと反省しつつの鑑賞となりました。(GyaOでも特集ページが作られてたんですよねー。)

敵味方入り乱れて繰り広げられる、嘘と裏切りの応酬。
利用しているつもりが利用されていたり、裏切っているつもりが裏切られていたり。
裏切っているように見えて、実は味方のために動いていたり。
・・・書いているうちにだんだん分からなくなってきましたが(笑)、それくらい先の読めない展開でした。一度観ただけでは把握しきれていない部分もあるかも。

キャプテン・ジャック・スパロウの魅力も健在でしたが、今回一番可愛かったのは猿のジャック!寒さに震えてるシーンとか、めちゃめちゃ可愛かったです。

毎回エンドロールの最後に「お楽しみ」がある作品ですが、今回もちゃんとありました。
これを見ると見ないとでは、映画館を出る時の気分が違うかも。
これからご覧になる方はお見逃しなく♪
by mistysnow | 2007-05-29 00:32 | 映画・TV・舞台
<< つぶやき開始。   海賊三昧? >>