人気ブログランキング |
ブログトップ + No music, No life +
とりとめのない話
先日の「当て逃げされ沈没したマグロ漁船の船長が、漂流中に坂本サトルさんの歌に励まされていた」という記事ですが、3/11付けの西日本新聞に続報がありました。
◆西日本新聞 : 「生還に感謝」曲に乗せ 転覆漁船 是沢船長 ライブでベース熱演

「カスタニア」が元々どんな音楽を演奏しているバンドなのか分かりませんが、もうすぐ50歳という年齢まで、ずっと楽器を手放さずにいるような人達って、本当に音楽を愛しているんだろうなと思います。

前回の記事を初めて読んだ時、去年ライブを観に行ったコスリーズのベース、シローさんが話されていたことを思い出しました。
「青空を見上げた時、イイ景色を見た時、頭の中にブルースが流れる。ラジカセなんかいらないんだよね。いつも自分の中から引き出せるから」・・・そんな話。
もちろん是沢船長が置かれた状況は、そんな悠長なものではなかったわけですが。

いつもポケットに音楽を。
私もそんなふうに生きていきたいな、なんて思った次第です。はい。
by mistysnow | 2007-03-12 00:13 | その他音楽
<< ヒューと銀次郎。   出演確認できました。 >>