人気ブログランキング |
ブログトップ + No music, No life +
「映画館でも、おうちでも」#1
2/12に放送された、山寺宏一さんがゲスト出演したラジオ番組「小堺一機の 映画館でも、おうちでも~CINEMA~」のレポです。
途中から聴き始めたので、レポも当然途中から始まってます。ご了承くださいませ。
(●で始まっているのは小堺さんの言葉です。)

***

これまで吹き替えした俳優さんを紹介され、いろいろな声を披露。
「ご自分で同じ(声)だと思ってらっしゃるでしょ?全然違いますよ」と、感心しながら言う小堺さん。

●向こうの画を見るとスイッチが入るんですか?

「そうですね。僕、子供の頃から音にすごく反応するんです。つられちゃうんですよ、真似するというよりも。向こうから声が聞こえると、そのキーを出したくなるんですよ。その瞬間に。それが声優の仕事に合ってたみたいですね」

●じゃあ、前の日から考えていくというよりも、直感でピッと?もちろん用意もなさるでしょうけど。

「その方が多いですね。ただし、エディ・マーフィやロビン・ウィリアムスは、一つの映画の中で色々やるので、簡単につられないものが多いわけですよ。向こうも作りこんで、特殊メイクしてそのキャラクターで押し切って演じるわけじゃないですか。それを瞬間でやらなきゃいけないので。

『ナッティ・プロフェッサー』だと、6人全部1人で演じるじゃないですか。
それは一生懸命練習して・・・しかも、ほとんどが太ってるんですよね(笑)。 [各キャラクターの演じ分けを実演] そういうのが出てくると、かなり計算して微妙に変えてやらないと」

さすがに一度には録れないので、何回か回してもらって2役ずつくらいを同時に演じ分けてアテレコされたそうです。

●すいません。失礼な話ですけど・・・それだけの役をやったら、ちゃんとギャラは要求されましたか?



意味ありげに(?)爆笑しながら「いや、普通に映画をやる時の(=1役分のギャラ)」と答える山寺さんに、「いけません。事務所も一丸となって、「冗談じゃない!」と言わなきゃ」と、急に真面目な口調で話す小堺さん。

「そんなこと言うと、仕事が回ってこなくなりますからね。エディ・マーフィやる人、いっぱいいますから」と笑って誤魔化す山寺さんに、「いや、出来ません。山寺さん、もっと自分を売ってください、高く」と、さらに踏み込む小堺さん。

「あのー・・・そうなんです。僕、謙虚に言って、人から「そうじゃないでしょ?」って言われるのが好きなんです(笑)」と山寺さん。ようやく小堺さんも笑ってくれました。

●もともと美声でいらっしゃいますからね。

「(美声で)そんなことありませんよ。・・・(普段のトーンで)自分の声がないんですよ、僕。分かんないんですよね」と話す山寺さん。

「いやいや、すごいですよね。あの、『ピンクパンサー』をやってたピーター・セラーズが、「僕は中身が何もないから役をやってるんです」って言ってましたよ。「僕は自分の素(す)には何もないんだ。だからいろんな人をやるんです」って」というエピソードを小堺さんに紹介されて、「うわー、すげー!」と思わず拍手の山寺さん。

(以下、小堺さん=K、山寺さん=Yで。)
K 「だから、日本のピーター・セラーズですよ」
Y 「いただきます、それ。ピーター・ヤマーズとして、これから(笑)」
K 「(笑)『チャンス』やってくださいよ、『チャンス』!」
Y 「あ、『チャンス』大好きです!」
K 「あれは遺作になってしまいましたけど、素晴らしい映画でしたね。・・・そう思うでしょ?『シュレック』のドンキー」
Y 「(いきなりキャラを振られて焦りつつ、ドンキーの声で)そうだねそうだねっ!『チャンス』最高っ!!一緒に見に行こうぜ、シュレック!・・・(普段のトーンで)ああ、ほんと急に来るから」

●(拍手しながら)エディ・マーフィより面白いと思います、僕は。

「そうですか?」と言いつつ、気持ちは次の話題に行ってる山寺さん(笑)。

Y 「エディ・マーフィ、『ドリームガールズ』でねー。あれもやらせていただきました。素晴らしいです」
K 「いい役やってますねー。あれは、亡きジェームス・ブラウンを髣髴とさせる・・・」
Y 「JBのイメージですね。ァオ!っていう、JBの真似をよくエディ・マーフィがするじゃないですか。それを僕が真似してますからね、作品の中で」
K 「やっぱり耳がいいんですね」
Y 「そうなんですかねぇ」
K 「いや、もちろん顔もいいですよ(笑)」
Y 「ブッ!・・・取ってつけたような(笑)。ありがとうございますっ」

***

・・・と、こんな感じで1曲挟んでCMへ。

すみません、今日はここまでとなってしまいました(^^;
この調子で行くと、あと4日くらいかかりそうだなー・・・。
さすがにそれはマズいので、もう少し簡潔にまとめるように努力します。

【#2へ進む】
by mistysnow | 2007-02-14 01:16 | 山寺宏一
<< 「映画館でも、おうちでも」#2   思わぬ遭遇 >>