人気ブログランキング |
ブログトップ + No music, No life +
ライブ後の耳鳴りは怖い!
突然ですが、「音響性外傷」ってご存知ですか?
私は昨日知りました(笑)。・・・って、笑い事ではないですが。

音響による外傷。それは大音量で音楽を聴いた時などに、内耳に起きるダメージのこと。
つまり、ライブ後に耳が聞こえにくくなっていたり、耳鳴りがしているような状態のことだそうです。

軽い症状であれば翌日には治まっているけれど、数日経っても良くならない場合は、早めに治療しなければ治療がかなり難しくなるとか。
少しでも治療開始が早い方が治りやすく、一週間も経ってしまうとOUTなようです。

昔行っていたバンドのライブでは、ギターソロの一番盛り上がる瞬間に耳をやられることが多くて、ライブ後の耳鳴りは当たり前みたいになっていました。
ひどい時は2~3日耳鳴りが続いていたこともあったのですが・・・今考えると、無事治まってくれたのは運が良かっただけだったんですね。

耳鼻科で治療の必要があるなんて思いもしていなかったので、下手すれば今もずっと難聴や耳鳴りに悩まされていたのかもと思うと、かなり怖いです。

今でもバンドライブの時は、耳が聞こえにくくなることがあります。(幸い翌朝には治っていますが。)
それほど頻繁にライブに行くわけではないですし、一応スピーカーからの直撃を受けないように気をつけてはいるのですが、場合によっては耳栓も用意した方がいいのかもしれませんね。

耳は、目と同様に一度悪くすると回復が難しいようです。
長く音楽を楽しむためにも、耳を大切にしたいと思います。

◇参考URL : http://www.linkclub.or.jp/~entkasai/onkyougaishou.html
by mistysnow | 2007-01-31 00:43 | その他音楽
<< FNSソフト工場をBSフジで。   矢吹くんと古川さん。 >>