人気ブログランキング |
ブログトップ + No music, No life +
Blues Live @周南ブギハウス
7/22(土)、周南ブギハウスへ行って来ました。
この日の出演者は、Seiji & doi-masaとコスリーズの2組。どちらも3ピースのブルースバンドです。

Seijiというのはブギハウスのマスター・森永さんのこと。
そしてコスリーズのメンバーは、「広島ファイターズ」という名前で森永マスターとも一緒にやっていたりします。

LAYERツアーで広島に参加した人はピンと来てるかもしれませんが、サトルさんと古川さんがライブ前日に観たという、あの「森永Seiji&広島ファイターズ」です。
広島ファイターズとは編成も違うし、音楽的には違うんだろうなーと思いつつも、ベースの人が気になって、ちょっとした・・・いやかなりの(笑)好奇心で観に行ってしまったのでした。
「観る人を幸せにするベース」って、気になるじゃないですかー。

ブギハウスのサイトをチェックしたところ、20時スタートということだったので、その頃に到着するように出かけたのですが、地下の店から漏れてくる音は、どう聴いてもリハの真っ最中。
その音が止むのを待って、常連らしきお客さん達に混ざって店内へ入りました。

店の常連が集まっている会場の雰囲気は、私が普段行くようなライブとは随分違っていて新鮮でした。
小さな子供さんを連れて来ている家族もいるけど、子供さんもライブに慣れている様子。
ライブ前、他のお客さんと一緒に話しながら客席で焼きカレーを食べている人が、実はドラムの人だったり(笑)。

「いつ始まるんだろう?」と思っていると、21時も近付いた頃にようやく始まりました。
1組目はSeiji & doi-masa。
森永さん、ギター上手いのは想像できてましたが、声がめちゃめちゃ良かったです。
渋いし、やんちゃだし。格好いい!

2組目にコスリーズ。
ベースのシローさん、ようやく観ることが出来ました!
「首につくほど高い位置でベースを弾く」という話を、サトルさんがライブのMCでされていましたが、まさかあんなに大きなベースだとは(笑)。
一度観たら忘れられない、個性的な演奏スタイル。言葉で説明するのはちょっと無理です。
最初はギャグ?とか思ったりするのですが、だんだん格好良く見えてくるんですよ。これが。

Vo.&G.のKING増本さんも良い声してるし、ほんとに聴き応えがありました。
途中に3曲だけ女性がボーカルに入っていたのですが、それもまた格好良かったです。
格好良くブルースが歌える女性って、なんだかすごく素敵。

ダブルアンコールには、森永さんもステージに登場。
森永さんがボーカルでコスリーズの3人がバックという、「広島ファイターズとやる時はこんな感じなのかな?」というものが観れて嬉しかったです。

MCの最中に客席から野次が飛んだり(笑)、その日が誕生日の子供さんを会場全体でお祝いしたり、アップテンポの曲では踊る人がいたり。(子供さんも踊ってて可愛かったです♪)
そういうのも全部含めて、会場の雰囲気を楽しめました。

音楽も期待以上に良かったし。
なんと言っても、ステージ上の人達がブルースを愛してる感じが素敵。

機会があったらまた行きたいです。
by mistysnow | 2006-07-26 23:57 | その他音楽
<< それは種ではありません。   「シャル・ウィ・ダンス?」決勝 >>