人気ブログランキング |
ブログトップ + No music, No life +
「ダ・ヴィンチ・コード」
友人と「ダ・ヴィンチ・コード」を観てきました。
賛否が分かれているようだったので、「途中で寝たらどうしよう」と思いながら行ったのですが、映画が始まれば眠たくなることもなく、最後まで楽しめました。

面白かったかどうかと言えば、面白かったです。(人が死に過ぎとは思いましたが。)
では、理解できたかと言えば・・・微妙(笑)。

伏線のいくつかはすぐに気付いてしまったのですが、それでもスピード感のある展開に引っぱられて楽しむことが出来ました。ただ、全ての謎が収まるところへ収まってしまったことで、ちょっとまとまり過ぎた印象を持ってしまったかも。

理解するという点では、世界史や映画などを通じて多少持っていた知識を総動員して、大体の流れは把握できたつもりですが、宗教的な意味での理解はやはり難しかったです。
タブーなんだろうなとは思っても、どれくらい問題なのかが分からない。そのせいもあって、ラストに対する感動が低かったんだと思います。
こればかりは、どうしようもないんでしょうけどねー。

ストーリーの部分でも、理解し損ねたことがいくつかありました。
複雑に絡み合った思惑や陰謀、人間関係。複雑であるからこそ面白かったのだけど、絡んだ糸を解く時間が、もう少し欲しかったです。

面白かったと言ってるわりに、マイナスなことばかり書いてますね(^^;
「期待せずに」「キリスト教の歴史について、ある程度の知識や興味を持って」観に行くと、楽しめるんじゃないかなーと思います。
by mistysnow | 2006-06-05 01:10 | 映画・TV・舞台
<< TAB!-loid 2   1回戦突破! >>