人気ブログランキング |
ブログトップ + No music, No life +
「イノセンス」
ビデオに録画していた「イノセンス」を観ました。
アニメ映画「攻殻機動隊」の続編です。(「マトリックス」に影響を与えたことでも有名ですね。)

前作の「攻殻機動隊」も、山寺さんが出演されているという理由で観たのですが、難解なため途中から睡魔と闘う羽目に(笑)。
今回の「イノセンス」は、TVシリーズで作品世界に対する理解が少しは出来たおかげか、なんとか大丈夫でした。

「少女型のロボットが暴走し、所有者を殺害する」という事件を軸に、“人間の魂”と“魂を入れる器としての体”についてを描いた作品・・・だと思ったのですが、どうなんでしょう。
姿を消した素子へのバトーの想いとか、押井守監督のバセットハウンドへの愛だとか(笑。犬、めちゃめちゃ可愛かったです!)、そういうものも詰まっていたんですけどね。

タイトルの「イノセンス」の意味も、考え始めると色々な意味が込められている気がしてきます。
何度か見直してみないと、ちゃんと理解できそうにないですね(^^;
by mistysnow | 2005-11-08 01:05 | 映画・TV・舞台
<< 「歌う大人の修学旅行」がFM宮崎で!   restart >>