人気ブログランキング |
ブログトップ + No music, No life +
先取り情報
Hollywood Expressのサイトで、山寺さんが来年2月7日公開の映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のブラッド・ピットを吹き替えるという情報が発表されていました。
◆Hollywood Express : 山寺宏一より今週の一言 (2008/12/20)

「ベンジャミン・バトン」は、先日映画館へ行った時にロング・バージョンの予告編を観て、すごく気になった作品でした。
老人のような赤ちゃんとして生まれ、年を重ねるごとに若返っていく主人公(ブラッド・ピット)。
幼なじみの少女と、ある一時だけ外見年齢が重なり、そして再びすれ違っていく・・・そんな、SFのようなファンタジーのような物語。

この作品を山寺さんの吹き替えで観られると思うだけで、本当に期待が高まります。
うちの近所でも吹き替え版を上映してくれますように!

***

映画といえば、「カウボーイ・ビバップ」がハリウッドで映画化されるそうですねー。
eiga.comの記事によりますと、スパイク役はキアヌ・リーブスだとか。

うーん、キアヌかぁ・・・。
キアヌは嫌いじゃないけど、スパイクとはちょっと違うような。
いや、アニメと同じキャラクターである必要はないのかもしれませんが。

第1話の「アステロイド・ブルース」を膨らませたストーリーになるということで、たとえ原作とは別物でも、どこかで「ビバップっぽいね」って思えるような作品になってくれるように期待します。
by mistysnow | 2008-12-24 00:24 | 山寺宏一
<< 行く年、去る人。   「ワールド・オブ・ライズ」 >>