ブログトップ + No music, No life +
タグ:CD ( 27 ) タグの人気記事
「地球バラード」
ちょっと面白いコンピレーションアルバムを見つけたので、サイトの方へ一足先にUPしてみました。

アルバムタイトルは、「地球バラード」。
その名のとおり、ロックバラードを中心とした選曲となってます。
収録曲はこんな感じ。
1.JAM / THE YELLOW MONKEY
2.悲しみの果て / エレファントカシマシ
3.世界を止めて / THE COLLECTORS
4.ストレンジ・カメレオン / the pillows
5.息子 / 奥田民生
6.大丈夫 / JIGGER'S SON
7.やわらかな日々 / 斉藤和義
8.ZOO / ECHOES
9.素晴らしきこの世界 / THE真心ブラザーズ
10.VENUS / THE ROOSTERS
11.ルシアン・ヒルの上で / RED WARRIORS
12.天使達の歌 / 坂本サトル
13.満月の夕 / ソウル・フラワー・ユニオン
14.ドロップ / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

90年代に音楽を聴いて育った人間にとって、懐かしい楽曲やバンド名ばかり。
何と言っても、JIGGER'S SONと坂本サトルが1曲ずつ収録されているというのが素晴らしい!(本当にいいんでしょうか?笑)

メジャーな曲も適度に入れつつ、こだわりを感じるラインナップ。
個人的な好みだと、#3~#7あたりの流れなんて素敵過ぎます。
全曲を知ってるわけではないですが、知らない曲に対しても期待が持てて聴いてみたくなるような、久々に買ってみたい気分にさせてくれたコンピレーションアルバムです。
[PR]
by mistysnow | 2009-05-03 01:30 | 坂本サトル
ギャラクシー賞&日本プロ音楽録音賞
サトルさんが出演したラジオ番組「RABラジオスペシャル 坂本サトル 2007ラジソン・心のたび」が、第46回ギャラクシー賞ラジオ部門の上期入選候補作品になったそうです。
まさかサトルさんがギャラクシー賞に絡む日が来ると思ってなかったので、びっくりすると同時に、すごく嬉しいです。

RAB青森放送ラジオの番組ですから、当然青森でしか放送を聞くことが出来なかったのですが、このたび発売されたサトルさんのシングル「君と歌ううた」のカップリングに収録されて、無事聞くことが出来ました。(※ネット予約以外は青森限定発売で、現在は青森でしか入手できないCDです。)

カップリングにラジオ番組が収録されているCDというのも珍しいと思いますが、実際に聞いてみると、カップリングはこの形でしかあり得ないような気持ちになりました。

目の不自由な方のために「音の出る信号機」を設置する基金を募るチャリティ番組の放送中に、リスナーや障害者の方達から寄せられたメッセージを元に曲を作る、という企画の中で生まれた曲であり、CDの売上からも募金されることになっているのですから、この番組と切り離して曲を聴く方が不自然なのかも、なんて。

番組に登場する障害者の方達から、ラジオを通して伝わってくるのは前向きなエネルギー。
視覚障害のように身体的な障害でなくても、生きていく上で、人はたくさんの障害を乗り越えて行かなくてはいけない。
・・・そう思うと、人生の先輩達の言葉や笑い声が、とても重く、そして心強く感じられました。

***

そして、サトルさん関連の受賞がもう1点。
浅森坂の「月が誘った」が、第15回日本プロ音楽録音賞・部門B(ポップス/ロック/歌謡曲)で最優秀賞を受賞されたそうです。

レコーディングエンジニアのための賞なので、実際に受賞されたのは山内隆義さんなのですが、こんな形で浅森坂の作品が評価されるというのも嬉しいですね~。

この受賞に関しては、ドラムのチューニングを担当された村上敦宏さんのブログでも紹介されています。楽曲が良いというだけでは良いCDは作れないんだということを、改めて実感するニュースでした。
◆村上敦宏 「重箱の隅」 : 最優秀録音賞
[PR]
by mistysnow | 2008-12-14 17:05 | 坂本サトル
ライブ盤に続いて、シングル予約開始!
仕事から帰って郵便受けを覗いたら、「LIVE alone 4」が届いていました。
まだ全部を通して聴く時間が持てないので、新曲を中心にPCで再生中。
・・・やっぱり「旅の衆」には心臓を掴まれます。

感想はまた改めて書くとして、CDと一緒に送られてきた情報の話を。

2006年のRABラジオ・チャリティミュージックソンで番組中に作られた楽曲「君と歌う うた」が、11月22日に青森県限定でついに発売!カップリングには、今年5月にRABラジオで放送された特別番組を丸ごと収録という、かなり異例な形態のシングルになるそうです。

ちなみに、タイトルの表記はそれまでの「君とうたう歌」から、「君と歌う うた」に変更されています。
以前の表記に慣れていたので、正直最初は違和感もありましたが、シングルの表記の方が「どんな歌を歌うか」よりも「君と歌う」ことを大切にしているイメージが浮かんでくる気がします。
さてさて、サトルさんの意図するところは、どうだったんでしょう?

収益がすべて「とおりゃんせ基金」に寄付されるチャリティCDということもあるのだと思うのですが、残念ながら青森県内の限られた店舗での限定発売。
ただし!11月18日(火)24時までは、全国からネットでの予約が可能です。

1週間しか期間がありませんので、オフィシャルサイトへ早めにどうぞ♪
[PR]
by mistysnow | 2008-11-10 23:58 | 坂本サトル
「THE SCRIPT」
久しぶりにCDを買ってきました。
ラジオで流れているのを聴いて気になっていた「THE SCRIPT」。
バンド名がそのままアルバムタイトルになっている、THE SCRIPTのデビューアルバムです。
U2とギネスの国、アイルランド出身のスリーピースバンド。

歌詞カードの訳詞をじっくり読んでみると、去っていった女性を想う歌が多かったりするのですが、疾走感のあるメロディは青空の下でのドライブにピッタリな感じ。

何と言っても、ヴォーカルの声がめちゃめちゃ好みなんですよねー。
一声聴いただけで「あ、この声好き!」って、ラジオの前で言ってました(笑)。

こういうバンドとの出会いがあるから、ラジオっていいなと思います。
最近は芸人さんがパーソナリティを務める番組が多くなって、バラエティ化が進んでいるのが気になるところではあるのですが、これからもいろんな音楽との出会いの場であるように願っています。
[PR]
by mistysnow | 2008-10-28 23:33 | その他音楽
「LIVE alone 4」予約受付中!
サイトへの情報UPはすでにしていますが、サトルさんのライブアルバム「LIVE alone 4 ~Tour 2008 LIVE alone 4 20080523-0722」が発売されます!

独立後、ツアーごとにライブアルバムを発売されていて、今回は6枚目。
CDショップでの販売はせず、予約注文とライブ会場での販売になるそうです。
限定生産とのことで、ライブ会場で買おうとしても売り切れている可能性があるので、確実に手に入れたい場合は予約がおすすめ。

予約は、オフィシャルサイトで10月17日(金)の24時まで受付中!
締切まで1週間を切っています。予約はお早めに♪
(※発送は11月11日頃とのことです。)

今回収録される音源は、急性咽喉頭炎のため3公演を延期して、復帰1回目のライブ。
直前までライブが行われるのかどうかが分からず、サトルさんの体調への心配と、公演が延期された場合への不安を抱えながら東京行きの準備をしていた、その気持ちと、無事ライブが始まり、サトルさんが声を発したあの瞬間の安心と感動を、きっとアルバムを聴くたびに思い出すのでしょう。

新曲「旅の衆」の格好良さ、そして「眠りたい」の何とも言えないなごみ感(笑)など、ライブだからこそ生まれる空気を、改めてCDとして聴けるのを楽しみにしています。
[PR]
by mistysnow | 2008-10-12 12:30 | 坂本サトル
「浅森坂」到着!
1stアルバム「浅森坂」
浅森坂 / / Amuse Soft Entertainment, Inc.(AMS)(M)
スコア選択: ★★★★★

浅田信一さん(ex.SMILE)、森山公一さん(オセロケッツ、The Ma'am)、坂本サトルさん(ex.JIGGER'S SON)によるユニット「浅森坂」の1stアルバム。
個性的な3人のヴォーカルと歌詞とメロディが重なった時に生まれる、新たな個性。
遊び心のいっぱい詰まった、耳に心地良いアルバムです。


予約していた浅森坂のアルバム「浅森坂」がようやく入荷したと連絡があったので、早速CDショップへ出かけて買ってきました。
とりあえず2回ほど聴いたのですが、やっぱりものすごく好きです。浅森坂。

オフィシャルサイトで試聴できなかった「狭霧の私」と「南男」がまた格好良くて。
「狭霧の私」なんて、タイトルだけなら「矢切の渡し」のパロディじゃん!(笑)って感じなのに、あんな風に混沌としたもどかしさを歌ってるなんて。やられたなぁ。

「歩くな、走れ」は、スタジオライブで収録されたボーナストラック的な1曲。
この曲は、ライブ会場での森山さんの華麗な(笑)ダンスとともに記憶に残っていて、2番のAメロになると自然とニヤニヤしてしまうのですが、このレコーディングの時も森山さんが鉄アレイを持って踊られてたそうです。(※サトルさんの「日々の営み」情報)

なんだかとっても良い雰囲気。
サトルさん、結局レコーディングでも森山さんに負けて歌いながら笑っちゃってるし(笑)。
こういうのを聴くと、早くライブへ行きたくなってしまいます。

ちなみに、ジャケット写真は向かって左側から浅田さん、サトルさん、森山さんです。
ライブの時の立ち位置も、この並びのはず。(少なくとも、私が観たライブではそうでした。)
浅・森・坂の順で並んでいると思われると、サトルさんと森山さんが反対になってしまうので御注意ください(笑)。

これからツアーに向けて聴き込むぞー。
・・・その前にチケット取らなきゃ!いい番号が取れたらいいな。
[PR]
by mistysnow | 2007-12-14 23:59 | 坂本サトル
無料配信開始!
今夜はもう1件更新です!

浅森坂のオフィシャルサイトで、12/12発売のアルバム「浅森坂」のリード曲、「浅森坂という坂がある」の無料配信が始まっていました。もちろんフルサイズ。
ダウンロードページはmusic forecastという外部サイトになるようですが、アンケート類もなく簡単にダウンロードできますので、浅森坂に興味のある人もない人も気軽にどうぞ。

◆music forecast : 浅森坂
作品リストの「詳細へ」というリンクをクリックすると、歌詞も読めるようになってます。

過去に何度か書かせてもらってますが、この「浅森坂という坂がある」という曲は、Aメロの詞と曲を浅田さんが作り、そのデータをメールで送ってもらってサトルさんがBメロを作り、それを森山さんへ送ってサビが出来た・・・という、完全分担制のリレー形式で作られた曲です。
歌も、それぞれ自分が作詞作曲したパートを担当。

なんだかふざけたようなタイトルですが(笑)、曲自体はとってもメロディアスで耳に残る、ほんのり切ない気分になる曲です。
3人のミュージシャンの個性が、絶妙な加減で刺激し合い、混ざり合って生まれた曲。

いろんな人の耳に届くといいな。
[PR]
by mistysnow | 2007-11-16 01:12 | 坂本サトル
浅森坂のサイトOPEN!
浅森坂のレコードレーベルとなるBABY BLUE RECORDSのサイトに、浅森坂のサイトが開設されていました。

TOPページには「浅森坂という坂がある」の試聴だけがありますが、DISCOGRAPHYのページではアルバム12曲中5曲分の試聴ができるようになってます。
試聴ですから、曲の一部だけしか聴けませんが・・・良いです、これ。このアルバム!

#3の「朝はまだ来ないか」に、ちょっとJIGGER'S SONっぽい匂いを感じたりもして。
浅森坂は、Aメロ・Bメロ・サビで作詞作曲者が交替したりするので、前後がどんな展開になっているのか、1曲を通して聴くのが楽しみです。

そして、アルバム「浅森坂」発売記念(?)のイベントも、札幌と渋谷の2件がUPされています。
これからもっと増えてくれるのかなー。増えてくれることを期待してます!
[PR]
by mistysnow | 2007-11-09 23:42 | 坂本サトル
ネタバレ注意!
浅森坂の情報が、ネット上にちらほらと出てきているようです。
歌とまったく関係ないPVの話とか(笑)。

オフィシャルなところでは、浅田信一さんのオフィシャルサイトでアルバムタイトルや収録曲などが正式に発表されていました。
アミューズソフトエンタテインメントでは、ジャケット写真も。
ん~。もうちょっと大きな写真で見たいっ!そしてサトルさん、足ながーい!!

こうやって少しずつ情報が出てくると、否が応でも期待が高まります。
早く聴きたいぞ。
[PR]
by mistysnow | 2007-11-03 00:51 | 坂本サトル
ライブCD 「7/7LIVE」
注文していた谷口崇さんのライブアルバム、「7/7LIVE」が届きました。
CDの再生を始めた瞬間から、2005年7月7日の渋谷O-Crestの景色が脳裏に甦ってきて、ライブから帰ってきた後のような幸せな気分にに浸っています。

2年前のライブですから、もちろん記憶が曖昧になっている部分も多いのですが、気持ち良さそうに歌い、笑い、飛び跳ねていた谷口くんの姿を思い出してはニコニコし、光さんの「えろーい!」でまた笑って、久しぶりに歌詞カードを見ながら曲を聴いたことで新しい発見をしたりして。

ライブに行けなかった人にも、きっと楽しい空気は伝わるはず。
万が一伝わらなくても、谷口くんのライブの格好良さは伝わるはず!
弾き語りも良いけど、バンドで歌うのがまた映えるんです。

オフィシャルサイトでの通販か、ライブ会場でしか買えないアルバムですが、いろんな人の耳に届いたらいいなと思います。
フルバンドでのライブも、またやって欲しいですねー。

当時のライブレポ&セットリストは、こちらにあります。
駆け足のレポなのであまり参考にならないかもしれませんが、興味のある方はどうぞ。
[PR]
by mistysnow | 2007-10-20 00:31 | 谷口崇