ブログトップ + No music, No life +
<   2014年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧
「3年目のフワク」ライブレポ
大変遅くなってしまいましたが・・・9月14日(日)、連休の中日に渋谷へ行ってきました。
待ちに待ったJIGGER'S SONのライブ!

この日は道玄坂周辺でお祭りがあったようで、車道は交通規制がかかり、お神輿がたくさん練り歩いていました。
田舎から初めて渋谷に出てくると、「今日は何の祭りですか?」ってくらい人がいて驚く、なんて話をよくするけれど、本当にお祭りをやってることもあるんですねー。街並みとのギャップも含めて、なんだか面白かったです。

人込みをかきわけて、たどり着いたO-EAST。
サトルさんのブログで「チケットが動かない」って話がありましたが、開場されてみれば、たくさんのファンでいっぱいになっていました。親子で参加されてる人もいて、微笑ましかったです。

そしてライブ!
もう、本当に最高に楽しくて、嬉しくて、いっぱい笑って、騒いで、歌って。
行って良かったと心から思える、素敵な時間でした。

今回もカゲアナは山寺さん。たっぷりの告知と開演前の諸注意の後、いよいよライブがスタート!・・・と思ったら、メインステージではなく、小さなサイドステージの幕が開きました。
驚いているうちに始まった「新曲」。
渡辺さんがボーカルで、「ようこそ こ・こ・へ♪」ってどこかで聴いたメロディをベースに(笑)、ウェルカムソングというか、なんとも和み系(脱力系?)な歌でした。

メインステージに舞台を移して、今度こそ(?)ライブスタート。
ステージも客席も、最初からエンジン全開!
3曲歌ったところで「皆、飛ばしすぎだよ」と嬉しそうなサトルさん。息切れしてると言いつつ続けた「世界の終わり」も、最高に格好良かったです。

そして事件は5曲目に起きました。
「オートバイに乗って」のイントロが始まった頃、ステージの袖に控えたスタッフへ合図を送る渡辺さん。スタッフが出てきて、何やらゴソゴソ。
・・・トラブル発生?
そのまま歌が始まり、1番、2番と進んでもまだまだゴソゴソ。
坂本兄弟の声が綺麗に重なって、いよいよギターソロ・・・ですが、間に合わず。

「はい、休憩~」

あえなく中断!
その時の、サトルさんにトラブルを訴える渡辺さんの焦った顔が、なんともキュートでした。
アンプが故障した(ヒューズが飛んだ?)そうで、急きょ「遊びで持って来てた」小さなアンプに繋いで演奏することになりました。
「この前メンテナンスに出したばっかりなのに」と嘆く渡辺さん。そんな渡辺さんを面白がるサトルさん(笑)。

ひとまず音は出せるようになり、仕切り直しでもう一度「オートバイに乗って」を。
「どこから歌おうか?」というサトルさんに、客席からは「最初から!」の声。(当然でしょう♪)
イントロだけカットして、歌い直してくれました。

切ないバラードを歌う雰囲気ではなくなっていた会場の空気を変えるために話された、歌のモチーフになった場所である閖上(ゆりあげ)の話。
歌に描かれた景色が、かの大震災で大変な被害を受けたという、その事実を受け止めて聴くと、また別の重さや愛しさが加わり、とても胸に沁みました。

アコースティックコーナーでは、ドラムの慎也さんも前に出てきて、衣装の黄色いツナギをサトルさんにイジられてました。
「そんなのどこで買ったんだ」と言うサトルさんに「ネットで探した」と慎也さん。「可愛いー!」と客席の声。
「可愛いか!?」と不満げに言うサトルさんが、なんだかお兄ちゃんみたいで楽しかったです。(でも、ポップな黄色が慎也さんに似合ってて、本当に可愛かったですよ♪)

そして、この日一番の出し物、”JIGGER'S SON Great”!
・坂本サトル(Vo) → Dr
・渡辺洋一 (Gt) → Vo
・坂本昌人 (Ba) → Gt
・鈴木慎也 (Dr) → Ba
と楽器を持ち替えて演奏された、「ビューティフルサンデー」ならぬ「美しい日曜日」。
なんだかもう、左手で絵を描いたみたいな感じ(笑)。
途中でマットさんのギターがおかしなフレーズを弾き出したり、渡辺さんのボーカルがへろへろになったり。そんな様子が楽しくて、楽しくて。

歌が終わって、サトルさんに「勝手に転調したらダメ」って言われたマットさんの、「自分で何弾いてるのか分からなくなった」と話す表情も好きでした。
慎也さんが弾いてた白いベースも可愛かったなー。

「同じバンドが演奏してるとは思えないでしょ?」なんて言いつつ、いつもの持ち場に戻って。
格好良く「バランス」のイントロが始まる!・・・と思いきや、何かヘン?
サトルさんに「それ、チューニングが違う」とツッコまれる渡辺さん(笑)。
会場の爆笑を誘いつつ、慌ててギターを変えてました。

仕切り直して、今度こそカッコいい「バランス」!!
そこからは、エンディングに向かっていく淋しさも含んで、音と歌と会場の空気にギュッと胸を掴まれたまま、このままずっと続けばいいのにと何度も思いました。

「大切な曲です」というサトルさんの言葉とともに歌われた「缶ビール」で、ライブ本編は終了。

アンコールの1曲目は「バンプ天国」。フィンガー5のカバー。
原曲を聴いたことがなかったのですが、めちゃめちゃ格好良かったです。
バンバンババンバンプ♪のところで、ダンス(笑)も皆でやって。楽しくて、いっぱい笑いました。

そして、個人的に大好きな「メリーゴーランド」。
サトルさんがMCの中で「JIGGER'S SONもソロも、俺が書いてるからあまり変わらないし」なんて言っていたけど、やっぱりソロとバンドで生まれる曲は、どこか違ってるように感じます。
それがいいし、そこがいい。
両方の活動を、これからも応援していきます!

アンコールの最後は、「また明日」。
昔からのファンの人達がステージに手を振る姿が、とても胸に沁みました。
今年もこうしてライブに参加できたことに感謝。たくさんエネルギーをもらって、すごく幸せな気持ちになりました。

ギターアンプが壊れたり、いろいろハプニングもあったけれど、「渡辺さんに笑いの神が降りた!」なんて言いながら、全部プラスのエネルギーに変えていってくれて。
本当に、最高の時間でした。
来年も参加できるといいな。楽しみにしてます!

セットリストはこちら
[PR]
by mistysnow | 2014-09-22 01:41 | 坂本サトル