ブログトップ + No music, No life +
<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
あと1週間。
またしても更新が滞ってしまってすみません。
もうすぐ友人のお披露目パーティがあり、そこでの挨拶を頼まれたため、内容を練るのに頭がいっぱいになってます。

書いては消し・・・を繰り返して、なんとか方向性は決まったけれど、声に出して読む文章にしてはまだまだ硬い感じがして、もう少し練り上げる必要がありそうです。
今、私にとって重要なのは、「いい文章」よりも「噛まない文章」なので(笑)。

一番古い付き合いの友人の結婚は、寂しさと嬉しさが入り混じって、正直ちょっぴり複雑な気分。
だけど幸せを願う気持ちは、混じり気なく純粋なもの。

それはきっと、もう彼女に届いていると思うので、「良いこと言ってやろう」っていうのは止めました。
シンプルな言葉でシンプルな挨拶を。ただし、お祝いの気持ちはたっぷりこめて。

当日までに、ちゃんと形に出来るかな?
せめて自分自身が納得できるように、なんとかしたいものです。
[PR]
by mistysnow | 2009-05-31 00:51 | 日記
気分を転換。
ものすごーく久しぶりにパーマをかけてみました。
どれくらい久しぶりかって言いますと・・・多分10年ぶりくらい。

過去に何度かパーマで失敗して以来、なんとなくストレートのままでいたのですが、ストレートのロングだと、10cmくらい切ってもあまりイメージが変わらないんですよねー。
さすがに自分の姿に飽きてきたので(笑)、前回美容院に行った時に「ここ数年でパーマも随分進歩してますよ」と勧められたこともあり、ちょっと挑戦することに。

ある程度の希望を伝えた後は、ほぼ美容師さんにお任せしちゃったのですが、なかなかイイ感じに仕上げていただけました。美容師さんを信じて良かった♪
カッコ良くスタイリングできるようになるまでは試行錯誤しそうですが、それもまた楽しみたいと思います。
[PR]
by mistysnow | 2009-05-23 23:26 | 日記
声の出演。
そろそろ寝ようかな?と思ったところで見つけた情報です。
サイトにまとめる時間がないので、ブログで手短に。

現在公演中の舞台「素。」で、山寺さんが声の出演をされているそうです。
◆下北沢経済新聞 : 堤幸彦さん主宰の演劇ユニット「キバコの会」、下北沢で初公演

この記事だけでは、山寺さん(の声)が毎回登場されるのかどうか判断しにくいところですが、堤幸彦さん演出ということで、興味のある方は週末に出かけてみるのも良いかも。
(東京公演の会場となる「ザ・スズナリ」のサイトによりますと、当日券も発売されるようです♪)

舞台の詳細は、ネルケプランニングのサイトに掲載されています。
・公演名:キバコの会 『素。』
・演出:堤 幸彦
・脚本:佃 典彦
・音楽:武内 享
・出演:半海一晃、野添義弘、多田木亮佑 / 柳田衣里佳、戸田恵子
・チケット料金:4,500円 (前売・当日共通)
 ※東京公演は全席自由(ベンチの桟敷スタイル)、名古屋公演は全席指定

◆東京公演
【期間】 2009年5月21日(木)~25日(月)
【劇場】 ザ・スズナリ

◆名古屋公演
【期間】 2009年5月29日(金)~31日(日)
【劇場】 愛知県芸術劇場 小ホール

[PR]
by mistysnow | 2009-05-23 01:28 | 山寺宏一
マッドメン
5/25(月)からフジテレビで放送される海外ドラマ「MADMEN」に、山寺さんが吹き替えで参加されるという情報を、少し前にサイトへUPさせていただいてますが、今日はその補足。

情報源は田中敦子さんのブログだったのですが、同じく出演者の岡寛恵さんのブログで、もう少し詳しいキャストが、アテレコスタジオでのエピソードと一緒に紹介されていました。
◆Heebow's Blog : 大汗かいて熱演?!

アメリカのドラマって、長編映画を見ているような贅沢さがありますよねー。
海外ドラマの主役を山寺さんが演じることって意外と少ないので、フジテレビだけと言わず全国ネットで放送してくれることを願ってます。
[PR]
by mistysnow | 2009-05-12 00:08 | 山寺宏一
「ものまねグランプリ」
昨夜の「ものまねグランプリ~ザ・トーナメント~」見ました。
山寺さんは惜しくも2位でしたが、それでも素晴らしい成績!おめでとうございます♪

今回山寺さんの披露されたものまねは、第1回戦がスキャットマン・ジョンの「スキャットマン」と「プリプリ・スキャット(プッチンプリンのCM曲)」のメドレー、2回戦は木山祐策「HOME」、そして決勝戦はルイ・アームストロングで「聖者の行進」。
毎度の事ながら、山寺さんの骨格まで変えてしまうような顔マネと、ツボを押さえた声マネには惚れ惚れしてしまいます。

スキャットマンやサッチモは過去にもされていましたが、曲が違うとまた新鮮でした。
何回見ても、サッチモのものまねは幸せな気分にさせてくれます♪

新作の木山さんのものまねも、サビの声の伸び方なんかがそっくり。山寺さんの声は平井堅さんよりも木山さんの方が似せやすいのかも、なんてことを思いながら見てました。
西尾夕紀さんとの対決は、とても良い勝負でしたねー。

トーナメント形式ということで、勝ち残ればたくさんネタを見ることが出来て嬉しいのですが・・・この形式に慣れるのにはちょっと時間がかかるかも。
勝ち残るという形で優劣(もしくは審査員の好み)がはっきり示されるのって、なんだか心臓に悪いです(笑)。
[PR]
by mistysnow | 2009-05-04 23:53 | 山寺宏一
「地球バラード」
ちょっと面白いコンピレーションアルバムを見つけたので、サイトの方へ一足先にUPしてみました。

アルバムタイトルは、「地球バラード」。
その名のとおり、ロックバラードを中心とした選曲となってます。
収録曲はこんな感じ。
1.JAM / THE YELLOW MONKEY
2.悲しみの果て / エレファントカシマシ
3.世界を止めて / THE COLLECTORS
4.ストレンジ・カメレオン / the pillows
5.息子 / 奥田民生
6.大丈夫 / JIGGER'S SON
7.やわらかな日々 / 斉藤和義
8.ZOO / ECHOES
9.素晴らしきこの世界 / THE真心ブラザーズ
10.VENUS / THE ROOSTERS
11.ルシアン・ヒルの上で / RED WARRIORS
12.天使達の歌 / 坂本サトル
13.満月の夕 / ソウル・フラワー・ユニオン
14.ドロップ / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

90年代に音楽を聴いて育った人間にとって、懐かしい楽曲やバンド名ばかり。
何と言っても、JIGGER'S SONと坂本サトルが1曲ずつ収録されているというのが素晴らしい!(本当にいいんでしょうか?笑)

メジャーな曲も適度に入れつつ、こだわりを感じるラインナップ。
個人的な好みだと、#3~#7あたりの流れなんて素敵過ぎます。
全曲を知ってるわけではないですが、知らない曲に対しても期待が持てて聴いてみたくなるような、久々に買ってみたい気分にさせてくれたコンピレーションアルバムです。
[PR]
by mistysnow | 2009-05-03 01:30 | 坂本サトル