ブログトップ + No music, No life +
<   2007年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧
ゲスト出演
Yahoo!テレビに、山寺さんがBSフジの番組に出演されるという情報が出てました。
10/6(土)23:00~23:30放送の「美味しい旬ばなし」という番組。10/20(土)には再放送もあります。

書道家の武田双雲さんがホストを務める番組で、たっぷりトークをされるようです。
どんな切り口で話が展開していくのか、楽しみです♪

***

明日は「ものまねバトル」が放送。
私が初めて見た山寺さんのものまねは、今回やると書かれている「彼」だったんですよね~。
何を歌うのか、そして歌ってる状態でどれくらい似せられるのか。期待してます!
[PR]
by mistysnow | 2007-09-30 23:55 | 山寺宏一
「もじゃメガネ君」と「びっきの会」
小堺一機&山寺宏一LIVEのチケット、取れました。
まだ発券してないので今一つ実感が無いのですが、今から気分を盛り上げていこうと思います♪

浅井企画のサイトを覗いたところ、未定だったサブタイトルが「もじゃメガネ君登場!」に決まってました。(フライヤーも新しいものが掲載されています。)
「もじゃメガネっ!」って山寺さんがやるようになってから結構経ちますが、まさか品プリでやるライブのサブタイトルになるとは思ってなかっただろうな~(笑)。

***

そして来年の話になりますが、こんなニュースも発見。
◆三陸河北新報社 : 来年1月、石巻で夢舞台

記事によりますと、宮城県にゆかりのあるミュージシャンなどで作る「みやぎびっきの会」のチャリティコンサートが、2008年1月26日に石巻市民会館で開かれ、そこに山寺さんも参加されるそうです。
チケットは、ローソンチケットやチケットぴあなどで10月21日に一斉発売。(4500円の予定)

さらに、今年12月22日には仙台141エルパークスタジオでプレコンサートが開かれ、そちらには坂本サトルさんも参加されるとか。(こちらのチケット発売日などは不明。)
同じ日の会場でないのは残念ですが、サトルさんと山寺さんが同じイベントに参加されるというのが、なんだか嬉しいです。

このイベントって、昨年山寺さんが5分だけ出演してすぐ東京へ戻ったという、あのイベントですよね~。
今度は正式参加ということで、もっと出番は長くなると思いますが・・・何やるんでしょう?
記事にある「寸劇」が、妙に気になります(笑)。
[PR]
by mistysnow | 2007-09-30 00:18 | 山寺宏一
「北京」と「ビバップ」
昨夜(27日)は「北京バイオリン」の最終回、そして「アニメ夜話」でカウボーイビバップの特集ということで、BS2が楽しかったです(笑)。

北京バイオリン」は、来月から地上波での放送が始まるので詳しくは書けませんが・・・。
最終回になって初めて「父ちゃん(リュウ・チェン)が主役だったんだな~」と気付きました(笑)。
そんなエンディング。

山寺さんの演じた阿輝(アフェイ)は、初登場した回から最終回に向けて、一番大きく変わった人だと思います。性格も、人生も。
最初見た時、「舌先三寸で小春(シャオチュン)を騙して利用するだけして逃げる、悪い奴じゃないの?」って思ってごめんなさい(笑)。

***

そして「アニメ夜話」。

「カウボーイビバップ」は、個人的にすごく思い入れがあって大好きな作品なので、約10年経った今もこうして取り上げてもらえることが嬉しいです。
(この作品と出会えてなかったら、たぶん私はこのサイトを作ってはいなかったはず。)

今見てもスタイリッシュなOPの映像。
セリフで説明することを拒絶するかのように、仕草や表情、音楽、カット割りなどで表現することに力を注がれた演出。

岡田さんが言っていた「スーパーアマチュア」という表現が、妙にしっくりきました。
もしかしたら、高校野球と同じ輝きだったのかな、なんて思ったりもして。

渡辺信一郎監督の監督デビュー作であり、若いスタッフが大勢集まって作られた作品。
日々こなすべき仕事としてではなく、「いいものを作ってやる!」という想いが集まった純粋なエネルギー。そして、それをちゃんと形にする、確かな技術。
どちらか一方が欠けていたら、あのビバップはあり得なかったんでしょうね。

出演者の一人でもあった製作スタッフの佐藤大さんの話によると、監督が最初の頃に「多分この作品は儲からない。でも、これに関わった人全員の誇りになるような作品にする」と話されていたそうです。
話の端々から、ビバップが佐藤さん自身の誇りになっていることが伝わってきて、それを知れただけでも見る価値があったな、と。

残念だったのは、音楽や演技に関する話題がほとんどなかったこと。
菅野よう子さんの音楽無しでビバップは語れないし、監督の音楽の使い方の巧みさがなければ、こんなにもCOOLな作品にはならなかったはず。

演技に関しても、放送当時のインタビューでは「こんなにダラダラ喋っていいのかな?」と思うほど、徹底して抑えた演技を要求されたという話をされていました。
山寺さんのその後の演技にも影響を与えているような気がしてます。(※個人的な見解です。)
・・・こんな話をし始めたら、時間がいくらあっても足りないのは分かるので、仕方ないんですけどね(笑)。

こういう番組を見ると、ビバップ本編が見たくなりますね~。
久しぶりに1話から見直そうかな。
[PR]
by mistysnow | 2007-09-29 00:34 | 山寺宏一
もうすぐ公開
「Hollywood Express」番組サイトの「山寺宏一より今週の一言」で、9/29(土)公開の「ストレンヂア 無皇刃譚」 について語られていました。

山寺さんの演じる"羅狼(らろう)"は、なんと台詞の半分が中国語だそうです。
・・・うわ~、気になるっ!
中国語って本当に難しい言語らしいので、耳の良い山寺さんでも相当苦労されたんじゃないかと思います。しかも、ただ中国語を発音するだけでなく、あの(予告編で聞ける)相手を圧倒するような低い声で、「演技」をしなくちゃいけないんですもんねー。・・・大変だ。

PG-12指定で、戦闘シーンはかなり激しいものになっているようなので、観に行かれる方はご注意を。
うちの近所での上映は無いようなので、劇場で観られるかどうか分かりませんが、機会を見つけて観てみたい作品です。

***

山寺さんの出演情報ではないですが。

BS2で放送の「アニメ夜話」で、山寺さんがTVアニメで初主役(※)を務めた作品「カウボーイビバップ」が取り上げられます! 9/27(木)、24:00~24:55分放送。
「北京バイオリン」のすぐ後に放送なので、しっかり覚えておかなくちゃ。

放送当時いろいろな本が出版され、いろんな角度から語られてきた作品ですが、今回またどんな話が聞けるのか楽しみです。

(※)あくまでも「TVアニメ」の主役であって、劇場用アニメや洋画吹き替えなどでの主役は、すでにそれ以前にされています。
[PR]
by mistysnow | 2007-09-26 00:34 | 山寺宏一
特設サイト開設
10月3日発売のシングル「花のとなりで」の特設サイトが、坂本サトルさんのオフィシャルサイトに開設されていました。
相変わらず、サトルさんの書くライナーノーツは素敵です。

少年院の子供達のために作られた曲だけど、大切な人を想って花を育て、空を見上げてその人を想うイメージは、誰の心にも繋がるものだと思います。

カップリングに、サトルさんが1人で歌うバージョンも収録されているのが嬉しいところ。
早くじっくり聴きたいです。

・・・と言いつつ、せっかくLG会員限定の先行販売が始まっているというのに、一足早くCDショップで予約してしまったため、発売日以降しか聴けないんですけどね(笑)。
先行販売があるのは予想していたのですが、たまには店頭で買いたいなと思いまして。

「発売日には届かないかも」と言われてしまったけれど、愛想よく応対されると「仕方ないね」という気持ちになれるから不思議(笑)。
気長に待ちます!
[PR]
by mistysnow | 2007-09-24 23:53 | 坂本サトル
シアワセモノです。
昨日は友人に誘われて近所のカフェに行って来ました。
私がつぶろぐに意味深なことを書いてしまっていたものだがら、「何か一人で悩んでる??」と心配してくれたそうです。いいヤツだ。

事情を話すと「何だそんなことか」って感じのことで、拍子抜けさせてしまったのですが(笑)、久しぶりにお馬鹿な話で盛り上がれて楽しかったです。
連れ出してくれてありがとう。

夜はもう1人(1組?)の友人と合流して夕食へ。
友人の子を皆で散々ちやほやして(笑)、これまた楽しい時間でした。
愛されて育つのと甘やかされて育つのは違うと思うけれど、友人の子は「愛されて育ってるな~」と感じます。このまま良い子に育ってね♪

***

そして今日は、お墓参りに行って来ました。
生憎の雨で、傘を片手に持っていると、花を生けるのも線香に火をつけるのもなかなか大変でしたが、たまにはこんな日があってもいいかな、と。

お彼岸が過ぎれば、少しはこの暑さも和らぐのかなー。
秋の到来が待ち遠しい日々です。
[PR]
by mistysnow | 2007-09-23 23:43 | 日記
リリース続々。
サイトの方へ、坂本サトルさんのリリース情報を2件UPしました。
1件は、スペシャルドラマ「ガラスの牙」の主題歌に決定しているシングル「花のとなりで」。
そしてもう1件は、9/11に発売になっているThe Ma'amのミニアルバムへのゲスト参加についてです。

The Ma'amは、浅森坂のメンバーでもある森山さんや松崎さんが始めたバンドで、#3の「コレ」という曲に、サトルさんと浅田さんがゲストボーカルとして参加されているそうです。

アルバム内に「虫採り」というタイトルの曲があるけれど、これは浅森坂のライブで歌っているあの曲なんでしょうか?気になってます。
そして、「コレ」というタイトルを見た瞬間から、頭の中でコレ、コーレ、コーレ♪と「これがロック」のコーラスがくるくる回っています(笑)。

あ!そう言えば浅田さんのサイトで、浅森坂のアルバム発売日が発表されていました。
タイトルなど詳細は不明ですが、12/12(水)発売とのことです。
こちらも楽しみ。
[PR]
by mistysnow | 2007-09-19 23:59 | 坂本サトル
笑顔の一日。
友人宅(実家)にお邪魔して、生まれたばかりの赤ちゃんに会ってきました。
ちょうど湿疹ができてしまっていて可哀想でしたが、大きな目の可愛い女の子。
大勢で押しかけて長居してしまったので申し訳なかったのですが、楽しい時間が過ごせました。

今日集まることの出来た別の友人達の子供も、見るたびに出来ることが増えていて感動します。子供の成長って本当に早い!
女の子はちっちゃくても女の子だし、男の子はしっかりやんちゃ坊主で。
後半調子が出てきて暴れ始めてましたが(笑)、それもまたご愛嬌。

今日初対面した赤ちゃんも、すぐにこの仲間に入るんだろうな~。
他県へ嫁いだ友人なので、なかなか頻繁には会えないと思いますが、次にまた会えるのが楽しみです。
[PR]
by mistysnow | 2007-09-17 23:25 | 日記
声はキャラクターの命。
8月26日に更新された「山寺宏一より今週の一言」に対して、現在60を越えるトラックバックが付いています。

芸能人が吹き替えすること、そして長年続いた番組のキャストを映画化にあたって総入れ替えすることに関しての記事。
すごくバランスの取れた内容で、初めて読んだ時に「そうなんだよ、そのとおりっ!」と納得していたのですが、ここまで反響があるものだとは思っていませんでした。

トラックバックの大部分が「ザ・シンプソンズ」のキャスト交替に抗議する内容だったのですが、この問題は、キャストを元へ戻すことを求める署名活動にまで発展しているようですね~。

「シンプソンズ」のように、これまでに定着した声のイメージがあるにも関わらず主要キャストを総入替えしてしまうというのは、どれだけ言い訳を聞かされてもファンは納得できないと思います。
ある意味「話題作り」には成功しましたが・・・作品にとって幸せなことではなかったんじゃないでしょうか。

芸能人吹き替えが増え続けている現状についても言いたいことはたくさんありますが、たくさんあり過ぎてどうにも文章がまとまらないので、今回は断念。
またいつか機会を見つけて書こうと思います。
[PR]
by mistysnow | 2007-09-17 00:24 | 山寺宏一
放送まで3週間。
セカンドライフには入れなかったので、代わりに「LIVE a day」のDVD(※今回のライブの出演者であるDAUGHTER、別所ユージさん、坂本サトルさんが出演しているライブDVD)を見てました。
・・・寂しくないです。ほっといて(笑)。

出演者も観客も画面上ではアバターというライブ。どんな感じだったんでしょうね~?

***

10/6(土)放送のドラマ「ガラスの牙」の番組サイトが更新されていて、ドラマのモデルとなった保護司の大沼えり子さんのコメントも載せられていました。
ドラマの主題歌「花のとなりで」についても語られています。

「花のとなりで」のシングルの方も、Amazonなどで予約受付が始まっているみたいですね。
ドラマの放送ときっちりタイミングを合わせて発売されるようです。最近忘れかけていた「タイアップ」という言葉を思い出して嬉しくなったりして(笑)。

私も早く予約しに行かなくちゃ。
[PR]
by mistysnow | 2007-09-15 01:06 | 坂本サトル