ブログトップ + No music, No life +
<   2006年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧
野沢那智さん、ごきげんよう。
「ごきげんよう」に、今日から野沢那智さんが登場です。
初日にして、現在の吹き替え事情からファイナルファンタジーのパーティでの珍事件(?)まで、めちゃめちゃ濃い&笑える話が聞けました。

「最近の映画は、アメリカのスタッフがオリジナルの俳優に似た声の人を指定する」っていう話は時々聞くのですが、イントネーションや芝居のトーンなどにも細かく口出しをするそうで。
アドリブはもちろん、自分の演技をする余地がないと嘆いてらっしゃいました。

某SF大作の吹き替えでも、ある声優さんの台詞にダメ出しが続いたそうなのですが、頭に来て日本語の下手な外国人みたいに変なイントネーションで台詞を言ったところ、なんとOKに。
当然、日本語の芝居としてはあり得ないわけですよね。
その声優さん、「やってられるか!!」って怒って帰ってしまったそうです。(カッコイイ~!)

アメリカのスタッフがチェックするのなら、せめて日本語の演技を理解できる人が来て欲しいですね。「声紋が近いってだけでアメリカさんが選んだその芸能人、演技がダメダメなのよ!」ってことが、何度あったことか・・・。

パーティーの方では、Gacktさんに初対面された時のお話をされてました。
スタッフをゾロゾロ引き連れて、派手な衣装で野沢さんのところにやって来たがっくん。
「Gacktです」って例のトーンで手を差し伸べられたけれど、彼が誰だか知らなかったって感じの話でした。

めちゃめちゃ笑ったんですが、文章で書くと激しく誤解を生みそうなので省略。
来週も番組内で「Gacktです」が流行ってそうです(笑)。
[PR]
by mistysnow | 2006-06-30 23:44 | 映画・TV・舞台
気になる~
最近CMで気になっているのが、「噂の男」という舞台。
作 : 福島三郎
演出 : ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演 : 堺 雅人/橋本じゅん/八嶋智人/山内圭哉/橋本さとし

って、スタッフとキャストの名前見るだけで面白そうなんですけど!
福島さんの脚本をケラさんが演出って、どんな色になるんだろう。
「いやーな男たちの、いやーなお話」ですからねぇ。気になる気になる。

福岡でも公演があるみたいなのですが、やっぱりチケット取るのは難しいんでしょうか。
東名阪に比べれば少しは取れやすいのかも、なんて淡い期待を抱いてみたり。(甘い?)

e+で堺雅人さんのインタビューを読んだりしながら、どうしようかと考え中です。
[PR]
by mistysnow | 2006-06-30 01:11 | 映画・TV・舞台
ようやくUP
山寺さんの情報、まとめてUPしましたー。
「シャル・ウィ・ダンス?」の放送予定と、吹き替え情報3本、雑誌掲載1つ。

雑誌は「月刊SKY PerfecTV!」7月号です。(ウルトラマンが表紙のやつ)
劇場版ポケットモンスターに関するインタビューを、サトシ役の声優・松本梨香さんと一緒に受けていらっしゃいます。

それから、7/28発売のDVD「俳協 45th ANNIVERSARY」のプロモムービーが、バンダイビジュアルの特設ページで見られるようになっていました。
山寺さんも一瞬だけ出てます。殿様カツラ着用(笑)。

このDVD、山寺さんの歌は収録されないらしいんですよねー。
トーク部分の出演のみということで、購入については二の足踏んでます(^^;
もう少し知ってる声優さんが多ければ、また違ってくるのかもしれないのですが・・・。
せめて、値段がもうちょっと安ければなー。
[PR]
by mistysnow | 2006-06-29 01:45 | 山寺宏一
いろいろ更新
サトルさんの携帯サイトの方で、いろいろ情報がUPされていました。
ライブ情報3件、「LIVE alone 3」の発売告知&予約受付、ツアーグッズの紹介&注文受付・・・などなど。

TOPの画像は「LIVE alone 3」のジャケ写ですねー♪
今回のジャケ写、かなり好きです。演奏中のサトルさんは、やっぱり格好良い!

ということで、うちのサイトも更新してみました。
サトルさんと谷口くんのnewsをUP。
HOMEの片隅にあるTopicsの欄も、地味に変更していってます。
山寺さんの吹き替え情報もあわせてUPしたかったのですが、力尽きたのでまた後日。

最近ちょっとたるんでるなー。
news以外のコンテンツも、少しは更新しよう。

そのうちに。

(こうして先延ばしになっていく・・・笑)
[PR]
by mistysnow | 2006-06-27 00:33 | 坂本サトル
決勝戦へ!
「シャル・ウィ・ダンス?」準決勝、山寺・大島ペア2位で通過です!
今回のジャイブも軽やかで素敵でした。
衣装も可愛かったし。やっぱり原色似合いますねー♪

膝が悪いという話は聞いていましたが、足に残る大きな手術の跡にはドキリとさせられました。
おはスタでも元気に飛び跳ねているイメージなので、日常生活に支障が出るほどではないのかもしれませんが、本当に大きな傷だったんですね。

そんなハンデを抱えつつも、山寺さんは1回戦から「見せられるレベルのもの」をしっかり作って披露していて。
「声優は声だけなんでしょう?」って思われたくない、思われるわけにはいかない、という山寺さんの気持ちは、ちゃんと形(ダンス)となって結果を残せていると思います。

他の出演者の皆さんも1週ごとにレベルUPしていて、審査員のコメントも一層厳しくなってきましたね。(大竹さんが結構好きかも。笑)
あっという間に準決勝が終わって、いよいよ決勝戦。ドキドキです。
三船美佳さんが強敵だなー。

その前に敗者復活戦ですね。
早い段階で敗退してしまった人ほど、一つの種目にかけられる時間が長くなったということでもあるので、どこまで仕上がっているのか楽しみです。
[PR]
by mistysnow | 2006-06-25 01:12 | 山寺宏一
「LIVE a day」DVD感想
ここのところ雑記を休みがちになってしまってますが、どうにか生きてます。
どうでしょうさんのDVDも、しっかり21日に受け取ってきました。
本編を見る前に、いきなりシークレット映像を見つけてしまって、嬉しいような物足りないような・・・(笑)。他にもあるかも?ってことで、しつこく探してみるつもりです♪
その前に本編を全部見なくては。

それ以前に届いていた「LIVE a day UNPLUGED LIVE in 世界遺産」のDVDは、しっかり見ました。

収録時間の関係なのかもしれませんが、途中でカットされている曲が多かったのがちょっと残念。MCが曲中に挿入されるのは仕方ないにしても、カットはしないで欲しかったな~。
サトルさんと谷口くんの曲は全部聴けたので、それが救いでした。

谷口くんはオープニングアクトだったことを思うと、相当良い扱いをしてもらえたんじゃないでしょうか。MCの時の表情がすごく良くて、収録されている「ヨランダ」も絶品で。文句なし!

サトルさんはDVDのあちこちに登場されてました。(谷口くんも結構登場してますが。)
黒のスーツ姿で歌われた「Yellow」。夜をバックにして、かなり素敵でした。

その他の出演者のライブも、それぞれの個性が出ていて面白かったです。
やっぱり陣ちゃんは良い声だ!とか、イズミカワ姉妹が可愛いとか、上新功祐さんのさり気ないフォローにときめいた(笑)とか、いろいろありますが。

広沢タダシさんが、やたら可愛らしかったのがツボでした。
この人も良い声なんですよねー。いつかライブに行ってみたいです。
[PR]
by mistysnow | 2006-06-23 01:26 | その他音楽
12人&立喰師DVD発売
昨年12月から今年1月にかけて公演された舞台「12人の優しい日本人」DVDの先行予約が、パルコのサイトで始まっているようです。→こちらのページ
■価格 : 2枚組 6,800円(税込)
■予約受付期間 : 7/24(月) 12:00まで
  ※予約するにはPLAYメール会員への登録が必要。
■予約特典 : 特製ポストカード

期間中に予約した場合、8/10までに到着するそうなのですが、はっきりした発売日は書かれていませんでした。一応8/10発売ってことになるのでしょうか。そのうち改めてアナウンスがあるのかな?
DVD版はWOWOWで生中継されたのとは違う会場で収録されているはずなので、山寺さんのカツラも違うし(笑)、是非見たいところです。

***

それからもう1つ。
山寺さんが全編喋り倒しているという噂の「立喰師列伝」もDVD発売が決定したそうです。
こちらは10,290円のコレクターズセットと、5,040円の通常版(本編ディスクのみ)の2バージョンが発売。どちらも9月22日発売です。

コレクターズセットの方には、メイキングなどの収録されたスペシャルディスクやレプリカ台本、ブックレットが入っているそうです。
メイキングって、アフレコ映像とか入ってるのかなー。ん~、気になる。
[PR]
by mistysnow | 2006-06-19 01:17 | 山寺宏一
滑り込みセーフ
出かけていたので、ギリギリの更新になってしまいましたが。

本日6月17日は、山寺さんのお誕生日であります。
おめでとうございます!!

45歳。まだまだ攻めの時ですね。
去年の今頃は、三谷さんの舞台「12人の優しい日本人」に出演されるというのは、まだ仄かな希望でしかなかったし、番組で社交ダンスに取り組むことになるなんてことは、まったく想像も出来ませんでした。

そんなふうに声優以外の仕事が増えていっても、どこか声優の仕事に繋がっているのを感じられるし、その度に新しい山寺さんを発見できるのが嬉しかったりもします。
45歳の山寺さんがどんな挑戦をされていくのか、とても楽しみです。
(そろそろドラマなんかも見たいなー。なんて。)

素敵な1年でありますように!
[PR]
by mistysnow | 2006-06-17 23:53 | 山寺宏一
スペシャルゲスト出演中止
サトルさんのオフィシャルサイトで、ツアーファイナルのスペシャルゲストとして予定されていた林孝之さんが、怪我のため出演中止になったとの報告がされていました。
「Dancerって誰だろう?」とは思っていたけれど、こういう形で発表になってしまったのが残念です。

バンドメンバーの発表があった時、3人くらい候補が浮かんでしまったと書きましたが、その中で「一番実現が難しそうだけど、一番見てみたいゲスト」だったのが、リバーダンサーの林孝之さんでした。
サトルさんの楽曲に合わせて林さんが踊る・・・なんてことがあったら、最高に羨ましくなっちゃうだろうな~と思ってたのですが、そんな鳥肌ものの企画が現実のものになって進行していたんですね。

それがどれほどスペシャルな時間かを思うと、出演中止というのは本当に残念ですが・・・早く完治されますように!
きっといつかリベンジしてくれると(勝手に)思っているので、その時には会場に足を運べたらいいな。そんな時が来ることを期待しています。

もうちょっと読む。
[PR]
by mistysnow | 2006-06-14 00:21 | 坂本サトル
蒼い岸を歩く@大阪MUSE HALL
改めて大阪ライブの話を。

6月10日、『坂本サトルwith his band Tour 2006 「蒼い岸を歩く」』初日。
大阪MUSEへ行ってまいりました。
今回からバンドメンバーが2人入れ替わり、新しいバンドとしての初日でもあったわけですが、ライブの始まった瞬間から、新しいバンドの音にすっかりやられてしまいました。

松崎さんの切れの良いドラム、光さんのアグレッシブなギター。
それが加わることで、バンドのカラーががらりと変わりました。
なんと言うか・・・個々の音が混ざり合った時に生まれる色が違う、という感じ。
「このメンバーでないと出来ないライブ」というのが、確かにそこにありました。

聴けると思わなかった曲、新しいアレンジで聴けた曲、ようやく聴くことの出来た曲。
その迫力に、ステージから音が波のように押し寄せて巻き込まれるような錯覚に陥る瞬間があったりして。
「凄い」とか「最高」って言葉の薄っぺらさは分かっていても、やっぱりそう言ってしまいたくなるバンドでした。

どんどんイジられキャラになっていく達也さん。
メンバーを通り越してファンにだけ(一瞬?)オープンになったマットさん。
枚方出身だけど、大阪市内の道路には詳しくなかった松崎さん。
口数は少なかったけど、期待以上にライブを盛り上げてくれた光さん。

そして、いつも通りハプニングも味方につけて、いつも通り全身全霊で歌を届けてくれたサトルさん。その「いつも通り」の凄さを、改めて感じるライブでした。
今回はレスポールの活躍率も高くて嬉しかったです。

このメンバーでのライブが観れて、本当に良かった。
また観る機会がありますように!
[PR]
by mistysnow | 2006-06-13 00:25 | 坂本サトル