ブログトップ + No music, No life +
「アニメギガ」レポ
改めて、「アニメギガ」のレポです。

視聴者からの質問に答えたQ&Aの内容は、NHKの番組サイトで詳細が読めます。
番組中では放送されなかったものも掲載されているので、番組を見た人も必見です!

●=渡邊隆史、★=村井美樹、Q=視聴者からの質問、となります。
山寺さんを含め出演者の皆さんの発言は、ある程度要約させてもらっていますので、ご了承くださいませ。

***

簡単なオープニング挨拶のあと、山寺さんの出演作をVTRで紹介。
「エヴァンゲリオン」の加持リョウジ、「らんま1/2」の響良牙、「アンパンマン」のかまめしどん、カバオ、チーズが流れました。

★(VTRを見て)山寺さんがやってると教えてもらっても信じられない。

「声優は皆、いろんな役がやれて当たり前なんですよ。僕だけじゃなくて、皆そうなんです」



●最初から声優を意識して、この業界に入って来られたんですか?

「僕らの世代は声優を養成する学校が出来はじめた頃ですが、僕の場合は「どっちかに行ければいいな」と思ってました。俳協養成所は俳優を養成する所ですが、「その先には声優の仕事も待ってるよ」というとこだったので。
「うまく行けば役者の仕事もできるし、まあ声優くらいなら出来るか」くらいの、ほんとに甘い考えでね。失礼な話ですよ。・・・ま、それで出来ちゃったんですけどもね(笑)」

ちょっと偉そうに言ってみたものの、「なるほど、なるほど」と司会者2人に納得され、慌てて「"出来ちゃった"って嫌な感じですね。今のね」と自分で落としてらっしゃいました(笑)。

Q.洋画やアニメの吹き替えや俳優の仕事などで、それぞれ演技分けや気持ちの切り替えはしているのでしょうか?

「声優としては、映像を見てマイク前に立つと、画面に気持ちが乗り移ってそんな声になってしまう、という感じになってますね。習性でというか」

◇生アフレコ・・・「らんま1/2」で担当した良牙とPちゃん、呪泉郷ガイドの3役が同時に登場するシーンを、スタジオで実演。

新人の頃は動物は得意だったけど二枚目はそんなに得意でなくて、「山寺、お前ブタはいいんだけどさー、良牙はつまんねーんだよな」と言われたりしたそうです。

良牙の役は元々別の人が担当する予定だったのが急に変更になり、番組レギュラーでいろいろな役を担当していた山寺さんが、ある日突然「良牙もやってくれ」と頼まれたという裏話もされてました。

Q.今までの声優人生で、もっとも苦労したことは何ですか?

「苦労したというか、とても変わった役だったんですけど。「どんどんドメルとロン」という作品のポリスという警官役。これがいつもホイッスルを咥えていて、ホイッスルでしか表現しない(喋らない)んですよ。
「これ、僕じゃなくてもいいんじゃないですか?」と言ったら、「いや、これは山ちゃんしか出来ないよ」と言われて(笑)」

音響監督から笛を渡されてご自身で管理していたところ、一度スタジオへ笛を持っていくのを忘れたことがあったそうです。指笛が得意なのでそれでやろうとしたけど、結局新しく買ってきてもらったとか。
・・・普通ならそこで終わるのですが、「口惜しくて、その後練習してホイッスルも出来るようになった」というのが山寺さんの凄いところ(笑)。

話の流れで、指笛、ホイッスル、サンバホイッスル、おまけでクィーカを披露されてました。

●そういう訓練は、いつやってるんですか?

「これはなんとなく好きでやってるだけで、声優としては全然必要じゃないんです」

笛とか動物の鳴き声は別にして、人間の出す音はいろいろ出せなきゃいけない、ということでイビキのネタに突入(笑)。「起きててイビキをかく人」のネタ、何度見ても笑えます。

でも、「人間の出す音はいろいろ出せなきゃいけない」というのは、目からウロコな気分でした。
イビキだけじゃなくて、走っている時の息遣いや殴ったり殴られたりする時の声、くしゃみや咳・・・演じる時ってセリフ以外のいろんな声(音)を出せなくちゃいけないんですね。

★声だけの演技というのは、制限されているぶん難しかったりしますか?

「そうですね、ものすごく難しいと思います。でも、ドラマの俳優などは立ち位置や動きが細かく決められていて、その制限の方がよっぽど大変だと思いますから、馴れというか、そういうのもあると思います」

◇◇アニメ版「男はつらいよ」のVTR

「すごいプレッシャーでしたね。アニメでは渥美清さんを意識しなくていいと言われてやったけど、どうしても皆の中にね」

●(「男はつらいよ」を)見てると、大学の落研時代に落語をやられていたのが垣間見える台詞回しだなと思ったのですが。考えてみると、落語は1人で何役も演じ分ける芸ですよね。その辺りが山寺さんの芸域の広さ、スタートに直結するものがあるのかなと。

「もちろんそうですね。僕は学生時代に落語研究会に入っていなければ、声優の仕事はやってなかったというくらい。

キャラクターの使い分けですね。なりきる。で、口調でその人物を表す。・・・あと、間(ま)とかね。そういうものも役者にとって大事だと思うので。

だから、僕は「声優の勉強をしている人にアドバイスを」と言われたら、大したことは言えないけど「落語を聞いたらいいんじゃないですか?」と、そう言いたいですね」

◇アニメギガラボ

別室に案内されると、そこにはバスケットボールのリングが。
そこでボールを触りながら、山寺さんの学生時代についていろいろ聞かれていました。

中高とバスケ部だったけど、膝の故障もあって中学は補欠、高校ではマネージャー。
でもシュートの自主練習だけは一緒にやっていて、フリースローバトルみたいなのはレギュラーに勝つこともあるくらい強かったとか。

シュートを何本か決めてらっしゃいましたが、ボードにも触れずノータッチで入れることにこだわっているのが妙に可愛かったです(笑)。

●器用な声優というのは、いい声優なんでしょうか?

「僕は昔から「器用貧乏になるな」と言われてきました。ものまねが大好きで、声色を使うのは得意だったけど、声優の仕事はそうじゃない、お芝居なんだから、と。

・・でも、僕が思うにですね。声優の仕事は器用じゃないと出来ません。
いろんな役をやらなきゃいけないし、いろんな役をやれるのが声優の仕事の醍醐味でもあると思うんですよ」

●一方で、ハマリ役との出会いというのもあると思いますが。

「そうですね。あまりにも間口を広くやっていると、なかなか「山寺はこれだ」というのを見つけるのが難しいということで悩んだこともありますね。「お前の声は個性がない」と言われたり。

●押井守監督が「彼(山寺宏一)の最大の欠点は、誰も本当の彼の声を知らないこと」と言われていますが、山寺さんはそれをどういうふうにお感じになるんですか?

「そうですね。自分でも・・・いろんな声優がいていいと思うんですよ。何かのキャラクターに特化している人がいてもいいし、いろんな役が出来る人がいてもいいし。
でも、僕が途中で思ったのは、個性がないなら何でも出来ればいいと。広く浅くじゃなくて、広く深く出来ればいいんじゃないかと。大変ですけどね、本当にそれは。大変ですけど、欲張りにじゃあ行こうと思って。

加持リョウジみたいな二枚目をやれる声優は、歴代にも若手にもいっぱいいると思います。良い声の人というのは、いっぱいいるわけで。でも、淡々と喋る中に「さすが」とか「他の人には出来ない表現だな」と言ってもらえるのはもの凄く難しくて。あまりそれを欲張りすぎると変な方向に言っちゃうし・・・言い方がおかしいですけど、そのサジ加減が非常に難しいと思うんですよ。それは、ドラマの俳優さんのようにナチュラルにやることなのか。

●そこは話すと長くなりそうですね。「ナチュラルな演技」と「声優さんらしい声の出し方」。今はナチュラルな演技が求められる機会が増えている。

「昔だったら「もっと声出せ!」って怒られてましたからね。マイクが拾わないから、もっと声を出してはっきり喋ろって」

その流れから、「エヴァンゲリオン」の綾波レイ役だった林原めぐみさんが、隣にいても聞き取れないくらい小さな声で演じていて、それがON AIRで見るとすごく効果的になっていたという話に。

◇◇「エヴァンゲリオン」のVTR

加持さんの持つ多面性がうまく編集されたVTRでした。
3重スパイな加持さんの設定については、山寺さんもだいたいのことしか教えてもらえないまま演じていたそうです。逆に「ミサトやシンジ君との関係は、人間的というかリアルで、そういうことに関してはやりやすかったですね」とのことでした。

エヴァンゲリオンの新作のニュースが出ていますが、まだ山寺さんのところには一切話が来ていないとか。制作状況はどうなっているんでしょうね~。

★(吹き替えではない)アフレコをやったことがあるんですが、距離感がうまく掴めなかったです。自分の演技でも、マイクを通すと「マイクを通した演技」になってしまって。

「吹き替えで一番大変なのは、距離感みたいですね」

耳元で話すのも、100m先の人に話し掛けるのも、すぐそばにある同じマイク。
自分が画面の中で演技しているような気分にならないと出来ないそうです。想像力も、ものすごく豊かじゃないといけないんですね。

●若い世代の声優に足りないものは?

「飲み屋でならいくらでも話せるんですけど」と山寺さん(笑)。
少し悩んだ後、「ビンテージボイス」と呼ばれるような存在が少なくなったという話をされました。
その人が喋るだけでキャラクターに魂が宿るような、「すごい」と思えるような声や個性の持ち主。
「今はアニメをたくさん見て育っていて、皆いろんな役ができるけど、誰かに似ている」と。

「ぶらり途中下車の旅」でお馴染みの滝口順平さんを例に出して語った後、「僕自身も、そういうキャラクターを自分で開発して出来るかというと、まだまだですね」と言われていました。

●声優として挑戦してみたいことは?

「懐かしのアニメのランキング上位に必ず入るような、子供達が大きくなった時に共通の話題として盛り上がれるような作品で、皆が真似したくなるような「山寺宏一にしか出来ない役」をできたらいいなと思っています」

●最後に、山寺さんにとってアニメーションとは?

事前の打ち合わせでは無かった質問だったようで、かなり焦る山寺さん。
「生きがい」と言ってみたものの、アニメーションの中の「声をやる」ってところを担当しているので、それに関しては生きがいだけど「アニメとは?」という質問にはそぐわないかもしれない、と撤回。
「いい加減には答えられないなと思ってるんで」と、しばし真剣に悩まれた結果、出た答えは。

『自分を自分らしく最も表現できる場』

その言葉を最後に番組は終了。
山寺さんの言葉の端々から、声優の仕事に対する誇りや愛情が感じられて、山寺さんの演技が魅力的な理由を改めて理解できたような気がする40分でした。
[PR]
by mistysnow | 2007-03-03 01:22 | 山寺宏一
<< 「Hands Story~坂本...   レポは後日。 >>