ブログトップ + No music, No life +
情熱大陸
今週の「情熱大陸」、オダギリジョーさんの回を見ました。
以前何かで「役の妨げになるから、自分自身については語りたくない」みたいな事を話していたように思ったので、「どういう心境の変化?」と気になって見ることに。

結論から言えば、やっぱりどこか捉えどころのない人でした。
全部を晒してはいないけれど、「モノ作りに対する情熱」だけは前面に出ていて。

「スター」と呼ばれる立場になることを拒絶しながら、「オダギリジョー」であることにこだわる。
自分の手を離れた存在ではなく、生身の人間でもない・・・自分自身の手で演出する「オダギリジョー」という虚像、なのでしょうか。

番組を見ながら、立ち居振る舞いの一つ一つがサマになる人だなぁと感心したりもして。
もしかしたら、彼自身が腹を括りさえすれば、松田優作クラスの存在になり得ることもあるんじゃないか、なんて考えてしまいました。
(オダギリジョーファンでも松田優作ファンでもない人間の戯言なので、さらりと流してください。笑)

こういう人が、自分と同じ年代にいるというのが嬉しいです。
10年後が楽しみ。
[PR]
by mistysnow | 2005-09-19 00:04 | 日記
<< いよいよ今週末。   失敗つづき。 >>